抵当権抹消登記

住宅ローンを全額返済するとそれに伴い抵当権は消えますが、融資を受けた際に設定された抵当権の登記は残ったままです。これを消すためには抵当権抹消登記を申請する必要があります。

ローン完済時に金融機関から抹消登記に必要な書類が渡されます。 書類をなくしてしまうといろいろと面倒ですので、忘れないうちにお早目に手続を済ませることをお勧めします。(※書類をなくしてしまったとしても抹消登記手続きは可能ですのでご相談ください。)

 なお、登記簿上の住所と現在の住所が相違する場合は、抵当権抹消登記の前提として住所変更の登記を行う必要がありますのでご注意ください。 

    


手続きの流れ 

1.まずはお電話かメールにてご連絡ください。必要書類、概算費用等をご案内します。

2.必要書類をご郵送もしくは持参してください。

3.費用をお振込みもしくは持参してください。

4.登記申請後、1週間ほどで登記が完了します。 
 


必要なもの
完済後、金融機関から渡される書類一式

□抵当権設定登記済証または登記識別情報通知

□登記原因証明情報(解除証書等 )

□登記委任状

□資格証明書(代表者事項証明書等)または会社法人等番号

併せて、
□認印

□運転免許証等ご本人確認のできる身分証明書

登記簿上の住所と現在の住所が異なる場合には住所変更の登記が必要ですので住民票等をご用意いただきます。 


登記費用

登録免許税 1,000円/不動産1個 

司法書士報酬 10,000円 +1,000×不動産の数

登記情報事前調査  500円+実費335円(不動産1個につき)  

登記情報(登記完了確認用として1物件分)  500円+実費335円

※物件や抵当権の個数(債権者の数)により異なります。詳細はお問い合わせ下さい。

※郵便代実費および消費税が別途必要です。

※登記完了後の登記事項証明書が必要な場合は1通1,560円かかります(税込、実費込み)。


→お問い合わせはこちら
▲このページの先頭に戻る
⇒トップページへ