■贈与による所有権移転登記

不動産の贈与を受けた場合には、所有権の移転登記を申請することにより、不動産の名義を変更することができます。

贈与を受ける方には原則として贈与税、不動産取得税がかかりますので、事前に税務署等に相談することが必要です。

要件を満たせば夫婦間贈与の特例(※注1)や相続時精算課税制度(※注2)を利用することもできます。

(※注1 夫婦間贈与の特例)
婚姻期間20年以上の夫婦の間で居住用不動産やその購入資金を贈与する場合には課税価格から2000万円が控除され、年間110万円の基礎控除と合わせて2110万円までは非課税です。

(※注2 相続時精算課税制度)
贈与時に贈与財産に対する贈与税を支払い、贈与者が亡くなった時に、相続財産の価額に贈与財産の贈与時の価額を加算してその合計額をもとに相続税額を計算し、そこから既に支払った贈与税額を控除する仕組み。贈与額2500万円までは非課税で、これを超えた額に対して一律20%の贈与税が課税されます。贈与者は65歳以上の親、受贈者は20歳以上の子でなければなりません。

詳しくは国税庁ホームページ等を参照してください。

 

 


手続きの流れ

1.まずはお電話かメールにてご連絡ください。
  必要書類、概算費用等をご案内します。

2.下記必要書類をご持参ください。

3.費用をお振込みもしくはご持参ください。

4.登記申請後、一週間ほどで登記が完了します。

 


必要なもの

贈与する側  
□権利証または登記識別情報
□印鑑証明書
□評価証明書
□ご実印     

※登記簿上の住所と印鑑証明書上の住所が異なる場合には、住所変更の登記が必要ですので住民票等をご用意いただきます。 

贈与を受ける側
□住民票

□ご実印

その他に必要なもの 
□登記用委任状 
□贈与契約書 
(※いずれも当方作成のものに署名捺印いただきます)

※本人確認資料として運転免許証等の公的身分証明書をお持ち下さいますようお願 いいたします。

  


登記費用

登録免許税 固定資産評価額×20/1000
司法書士報酬 申請1件につき 40,000円〜
贈与契約書作成 10,000円〜

登記事項証明書取得費 1通1000円+実費480円
登記情報事前調査 1件500円+実費335円    
郵便代等実費
消費税別途 

※物件の数や評価額等、事案により異なります。 詳細はお問い合わせ下さい。

※遠方の物件についてもオンラインで申請しますので、全国各地対応可です。

→お問い合わせはこちら
▲このページの先頭に戻る
⇒トップページへ